フロアをコーティングしてアフターメンテナンスを楽にする

フロアの床材は、表面にコーティングをすると、床材の保護効果が生まれます。衝撃に対しての耐久度が高くなりますので、モノを落下しても傷がつきにくくなります。床材そのものが汚れにくくなりますので、水跳ねにも強くなります。床材が液体を吸収しなくなるので腐敗しにくくなり、長持ちするようになります。床材が湿気を遮断できるのもポイントです。住まいの湿気が床材に悪影響を与えにくくなりますので、床材そのものは乾燥しやすくなります。床の日常的な清掃として、簡単な拭き掃除だけで維持管理できるようになるので、アフターメンテナンスが楽になります。追加としてのワックス掛けが不要になりますので、床の清掃コストを軽減できます。健康にも配慮されている材質なので、小さな子供やペットのいる家庭でも安心です。

フロアの床材を長持ちさせる塗膜の効果

床材は、柔らかい素材から硬い素材まで、種類が豊富です。柔らかい素材の場合は、物を落とした時に表面が傷つきやすく、衝撃でへこんでしまう場合も多いです。硬い素材の場合は、家具を引きずってしまうと傷ついた箇所が裂けて突起状に毛羽立ってしまう場合があります。コーティングをしておくと、塗膜が床材を保護してくれます。傷がつくのは塗膜に対してなので、床材そのものは保護されます。家具を引きずってしまっても、塗膜が削れるだけなので床材が毛羽立つ心配がありません。床材を傷や衝撃から守りながら、実際に触ったり歩いたりする家族やペットが怪我をしにくくなる効果もありますので、安全に暮らせる環境に整います。裸足でも安心して歩けるようになり、清掃は簡単な拭き掃除だけで済ませられます。

アフターメンテナンスのコストを軽減できる

床材だけではワックス掛けが必要になり、毎年の手間になります。ワックスの塗膜は半年から一年間の保証期間なので、年末の大掃除を兼ねてワックスの塗り替えを行う家庭も多いのですが、忘れてしまうと翌年は保護効果が弱まってしまいます。フロア全体をコーティングしておくと、塗膜の保証期間は長持ちしますので、簡単な拭き掃除だけで維持管理できます。汚れを落としやすく、傷がつきにくいので汚れが慢性化したり蓄積することがありません。削れたり傷ついても、塗膜の層に対してだけならば、塗り替えで回復できます。施工業者に依頼すれば、経年劣化を診断してもらえます。適切なタイミングで次の再塗布を施工すれば、塗膜の保証期間を最大限に利用した維持管理になりますので、コスト費用も軽減されます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加